Powered by Six Apart

« ラジオの周波数表示に  LEDカウンターモジュールのラジオ | メイン | 「センサーの事をよく知る人⇒職場では異端児」。FA業界の素人化。(学力低下とともに) »

2016年4月27日 (水)

ミニチュア管ラジオ製作。8球ラジオ。シャーシ加工 その後 6BY6,6AL5,6E2

W020160211565163480447

Tumblr_o0qkd0lgu51rzu6f3o1_500

Tumblr_nhh44d1nhd1r34dlbo1_1280

4802913623

4802913625

今日の名言

>穏やかな回復と言い続けて20年
>いまや日本人の時給は先進国どころか一部の発展途上国より低い
>最低時給10ドル以下の国なんか先進国じゃない

********************************

①ソケットを載せた。

②電源トランスも載せた。 このトランスはNPOラジオ少年のBT-2V。

 ヒーターが2A+1Aだったが、最近のは2A+2Aになっている。

 4Aも流せるなら10球ほど載せれる。 +Bはラジオなら7~8球分流せる60mA.

heptode tube で 15mAくらい

variable μ tube で 10mAくらい 流れる。

det tube は0mA

1st AFは1mA

2nd AFは8mA~14mAくらい。

101

DETには 6AL5を使うので 1st AFは6AV6ではなく

音が良くて実績のある6AN4などにする。

この時に諸先輩は 1st AFが最初に歪み出すのがよいのか?

2nd AFが最初に歪みだすのが良いのか?

まで考えて配線しているはず。

103

今、安価に手に入るロータリー接点はALPS製だろう。

ロシア製もあるがまだ使ったことはない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33809461

ミニチュア管ラジオ製作。8球ラジオ。シャーシ加工 その後 6BY6,6AL5,6E2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ