ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« SANWA のキャビネットラジオ。調整中 その3  やはり感度優先 | メイン | ラジオ工作  ST管ワイヤレスマイク »

2016年3月 4日 (金)

SANWA のキャビネットラジオ。   ムービング具合

*****************************

全く見事に喉が痛い。 放射能が多量に落ちた地域なので、体に良いことがないナ。

昨年は初めて

きのこが放射能基準値を越えています。食べないで下さい」の有線放送がなかった?

多分、オイラが聞き落としただけだろう。

さて、ウッドケースに入れた。

010

ランプ配線が80~100の数字を遮っている。

直さなきゃね。

おまけに、ダイヤル指針がガラス面と10mmほど合わない。キット品ではよくあること。

012

右に振った。

013

011

さてスピーカーからの音が割れる。音圧も低い。 妙だなと想い、AF段の動作点を確認したがセーフ。

次にムービング具合を確認する(撮像のために片手だが、実際は両手でやさしく静かにスーと軽く2mmも入れれば判る)。

ごそごそ音がするネ。元来、設計時のクリアランスがあれば接触はしない。クリアランスを0.△mmにするのだが、クリアランス均等になるようにメーカーでは製造する。

経緯は不明だが、擦れているので使用不可な状態。固着すると動かなくなる。

014

予備の16cmSPがないので、暫定でSPを載せた。

015

これからSPを見つける。やはり長期戦や。

****************************

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33759553

SANWA のキャビネットラジオ。   ムービング具合を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ