Powered by Six Apart

« 圧力勾配  そして真空度 勾配 | メイン | 真空管ラジオ ST管5球スーパー 6号機  真空管UZ-42 IFTは換えた »

2016年1月26日 (火)

真空管ラジオ ST管5球スーパー 6号機  真空管42 通電⇒絶賛発振中

00219b03da6d11bd2d4f01

3_20090511060520_pt8bg

**********************************

ヒーターラインが3Aのようなので、AF終段は42にしてみた。

書籍によると42は高級ラジオに使われていた球のようだ。

080

+Bを定めるのに時間が掛かる。

+Bは240V.

6WC5の+Bは200V.SGは95V.

2nd IFのSGは80V。

081

と言うことで絶賛発振中。

2nd IFのSG電圧は通常より高い。今回は55Vくらいが良さそう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33723045

真空管ラジオ ST管5球スーパー 6号機  真空管42 通電⇒絶賛発振中を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ