Powered by Six Apart

« マルツエレック MRX-7D-FK 7Mhz その2 | メイン | GT管でラジオマイクをつくろう。BC帯の3球式トランスミッター。6号機 »

2016年1月10日 (日)

音響 AM/FM 真空管トランスレスラジオ 3号機 メンテナンス ブーン音

****************************

ささっと通電してみた.

040

sgから82mhzの信号をいれてみた。

fm帯もam帯もかくだんズレはない。セーフ。

★ブーン音。

sp端でvrを絞ってのVTVM値は4mV。この数値はバーアンテナタイプとしてはかなり優秀。

matusita 系はここまで低くない,同じ音響のOS-195(バーアンテナ)はもっとブーン音強い。

041

平滑2段なのに優秀。

Hitachiのは3段にしたので2.5mVだった。(ソレノイドアンテナ)

どちらにしてもブーン音は、OUTトランスにも依存するので 御気に召さなければトランスを交換するのも有効な手立て。

★30A5の動作点が浅いので カソード抵抗を換えた。

042

終了。

見た目の派手さはないが、ブーン音が小さいラジオで感度もかなり良好。

043

μ同調ラジオとして手元には1台揃えておきたいものだ。

***********************************

余談だが、メーカー製ラジオでgoodなのは 

FM-11 made by sharp、この音響ラジオ、trio af-252

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33708717

音響 AM/FM 真空管トランスレスラジオ 3号機 メンテナンス ブーン音を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ