Powered by Six Apart

« 真空管BC帯トランスミッター  GT管2球式の製作 通電した。 | メイン | TRIOのトライアンプ  AF-20 2号機 メンテンス その2 切替SW »

2015年11月 7日 (土)

メタル管トランスミッター 

*******************************

先日のメタル管トランスミッター ⇒いわゆるワイヤレスマイク

024

受信側にラジオキット2p3。 送信側のinを50mVにして3m強飛んだ。

過日のST管ワイヤレスマイクより飛ぶ。

回路定数はどちらもおなじ。電源トランスも同じ型式。

ラジオを幾つか自作してわかったが、メタル管6SA7の発振強度はガラス球6SA7より強いことがほとんど。

025

ST管ラジオは、今日通電中に 感度が急に悪くなった。

変だなあと想いつつ、確認していくとIFTのコア4回転も動作点が動いていた。(コアを抜いた)IFTピークにすると回り込む。6D6が突然元気になったようだ。バイアスを深く変更した。1st IF球が元気になった。

***********************************

メタル管ラジオは不人気だが、SNはメタル管が優位。

999

998

出品中の商品はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33637109

メタル管トランスミッター を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ