Powered by Six Apart

« この6WC5 | メイン | ラジオ工作 1球 レフレックス »

2015年11月 9日 (月)

FMラジオ OSCは持ち上げた。

171ebd87f0b84d2b399026e6de17958a

006900

*************************************

OSCコイルを4巻きにしてFM帯にもってきた。

042

タップドコイルでOSCさせているが、バリコンの中ほどでOSCが停止する。

(AF-10はタップドコイルでOSCさせている)

タップ点をさげたら、停止点が少しさがっただけ。

色々とやっていたら、SG出力60dbを受信できる感度があれば放送局が聴こえることがわかった。

iftをピークあわせするとゲイン過多で発振した。 その直前状態で放送が聞こえた。

IF球のSGピンに0.1μFを吊り下げたら 30dBほど感度が下がった。 発振はしなくなった。

ボディイフェクトを結構受ける。バリコンはメーカーのように、少しシャーシに潜らした方がよいかな、、。。

実験時は 気にしなかった。

RFコイルを伸縮させて感度調整するには、スズメッキ線は硬い。 何か工夫しないと感度合わせがつらい。TRIOは銅線のようだ。 PIONEERはスズメッキ線だ。

041

 

043

RFアンプは、3極管だがメーカー製同様にGGにした。

FM帯用高周波チョークは巻いてもよいし、まだ市販されてもいる。

*****************************

AF-20も直したし、FM帯ラジオも数台メンテしたので、

このFMラジオもそろそろまとめたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33638359

FMラジオ OSCは持ち上げた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ