Powered by Six Apart

« 小型ワイヤレスマイク  6AV6⇒6DK6(3結)⇒6BE6の想定 | メイン | Heath kit receiver  HR-10B ハムバンド受信機  トランス復活 »

2015年11月29日 (日)

小型ワイヤレスマイク  6AV6⇒6DK6(3結)⇒6BE6 通電した。

*************************

やはり通電する瞬間が一番緊張する。

波形が出て、ほっとする。

141

ラジオマイク(ワイヤレスマイク)なので、信号ラインは3極管で揃えたい。

3結で使うと音の良い6DK6を用いた。Rk=5.6kΩ。IPは0.5mA。 

6DK6を3結で使うと音が良いのは、過去のラジオの経験で学習済み。

6AV6は音が良い球とは言えないが、ポピュラーなので使う。

飛びは2.5m強と普通。

142

freqは620~1600Khz。 バリコンは昔に買った手持ちのを使っているので、毎回異なるのが載っている。

中々のサイズにまとめることが出来た。このS-10サイズ(横120mm)では、電源トランスを載せると窮屈。

次は、s-9に戻したい。

****************************

第155作目。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33664139

小型ワイヤレスマイク  6AV6⇒6DK6(3結)⇒6BE6 通電した。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ