Powered by Six Apart

« メンテナンス 春日無線TRIO AF-20 その6  ゴム脚は新品付けた | メイン | ラジオ 6Z-DH3A「検波+3極の複合管」 ヒーターはどのピンを接地するか? »

2015年10月26日 (月)

ST管2球式 AMワイヤレスマイク 2号機

人気がある前田慶次郎だが、実母は瀧川益重の嫁だったので、瀧川の出身とされている。

そこらの経緯は、一益公がそのうちにオイラに話してくれるだろう。

オイラは、不器用ゆえに数で補う。

ワイヤレスマイクと呼ばずに、ラジオマイクと呼ぶのが日本語的正しいようだ。

後発の別冊にも、この本と同じ記事が幾つかあるので、この本をTEXTにするのがよさそうだ。

082

ST管 2球のラジオマイクの2号機製作です。⇒1号機

*******************************

昭和のラジオは 往時市販されていたので、いまでも市場に多数ある。

電波を飛ばすワイヤレスマイクの真空管式が市販されていたはずだが、まだ見たことはない。メーカー製真空管式ワイヤレスレシーバーはYAHOOで見かけますね。

078

1号機と2号機を並べた。

079

080

081

★6Z-DH3Aのヒーターピンは、1と6だが、

どちらをグランドに接地するのがgoodなのか?

これは考えれば判ることなので、正解は簡単にわかると想う。(オイラは一貫して正しい側を接地している)

手元にある「雑誌の実体配線図」では間違っているのを見かけたので注意。

60年以上昔では当たり前のことが、現在は忘れさられているようです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33622615

ST管2球式 AMワイヤレスマイク 2号機 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ