Powered by Six Apart

« ワイヤレスマイク GT管 2球 | メイン | 真空管ラジオ ST管5球スーパー 4号機 その2 »

2015年10月18日 (日)

ST管2球式 AMワイヤレスマイク   6WC5

ラジオ工作は、「実践」が重要。半田工作をせずに製作したつもりになっている「エア工作派」が確かにいますね。

オイラは、不器用ゆえに数で補う。

*****************************

2年ぶりにワイヤレスマイクの半田工作をした。

ワイヤレスマイクつくりの参考には、この本が良い。

ST管2球でまとめてみた。

①周波数は可変できるように、ポリバリコンを載せた。

OSC用コイルは何でもOKだが、 旭のコイルにした。

②球は6WC5、 6Z-DH3Aの2本。

 6Z-DH3A単球で30dBほど電圧ゲインが取れた。

 レベル配分は

 「IN 0.1V⇒ 6WC5へ5V程度印加」を予定しているので マイクアンプとしては33dB~40dBほど必要。

  トランジスタで10dBほど補助してもよい。

④ 電源トランスは、写真のような小型で足りる。

ラジオ少年さんのBT-0V。

053

 

051

ST管ワイヤレスマイクで電波を飛ばして、自作ST管スーパーで受信中。

052

ラジオキット2P3だと、飽和して波形がクリップした。

1.5mほど 飛んだ。

054

TR式マイクアンプの出番はなかった。

のちのち8dB程度のマイクアンプを入れるかも。

★発振波形

055

056

*******************************

第148番目の製作品

057_2

お疲れのマジックアイで電圧増幅。3球ラジオマイク。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33613671

ST管2球式 AMワイヤレスマイク   6WC5 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ