Powered by Six Apart

« ONKYOの真空管ラジオ 2WAY SP | メイン | フィールドコイル(励磁)式スピーカー  »

2015年9月13日 (日)

山中電機の電源トランス  GT管ラジオ その2

Int02_main

100415b

************************

続きです。

IFTの中身を確認。今まで60台近くスーパーラジオを造ってきたが、

経験上、マイカ仕様のIFTは容量ヌケが多い。1set の確率面では4割ほど。

しかし、チタコンの容量ヌケに当ったことは1回もない。

031

コンデンサーは新品に1set換装する。

032

033

大体、部品がついてきた。

あと、2穴あける。

え~と、実装時のknowhowはここ

******************************

数えると、59台目or 60台目の真空管スーパーラジオになるようだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33571249

山中電機の電源トランス  GT管ラジオ その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ