Powered by Six Apart

« 今日届いた。6SK7。 | メイン | ナショナルラジオのメンテナンス。その2  UA-625 真空管 »

2015年4月14日 (火)

ラジオ工作の必需品 ニッパー   研ぐ

オイラが使い慣れているニッパーは、605.

下の写真では左のニッパーが605。 手元に来て33年ほど経つ。握りが汚れているのはご愛嬌、、、。

右のは今日購入してみた新品。

070

切れ味が落ちたら、もちろん刃先は自分でつける。

己が用いる道具は、己で整備できなきゃ駄目だよね。

床屋さんは、ハサミを己で研ぐ。 大工さんも鉋は己で合わせる。

ラジオ工作もまた然り。 大人ならニッパーの刃先はつけれるよね。

オイラが研ぐニッパーの方が新品よりも輝いているのも、よくあること。

輝き具合が違うのがわかりますか?

071

大量生産品だと「すっごく切れる」までは刃付けしないから、、。

刃先のつけ方は、エアーラジオ工作派には体得できないナ。

ヒントとして道具はこれなどを使う。

こっちのほうがいいかも??。 あとは砥石の選定だね。

そうそう職場の先輩もニッパーを自分で研いでいる。

Amature radioの先輩がニッパーを研いでいたのを昔見たナ。

普通は研げると想うヨ。 もしニッパーが研げないなら、ラジオ工作は素人の範疇。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33205757

ラジオ工作の必需品 ニッパー   研ぐを参照しているブログ:

コメント

こんにちは。

良い仕事をするには道具にもこだわらなければだめなようですね。

私が使っているニッパーはホームセンターで1,000円もしない様な安物。

この頃は切れ味も落ちて使いにくくなっています、この辺で少し良い物を買わなければと思わされる記事でした。

ニッパーはホームセンターで取り扱っているタイプで十分です。

市販品は先端合わせなので、握る力が結構必要になります。

ハサミのように支点から除々に合う傾向に若干ですが、合わせを付け直します。こうすると軽い力で済みます。


切れ味の最後は砥石で付けます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ