Powered by Six Apart

am/ssb レシーバー基板 TCA440 Feed

2019年7月21日 (日)

TCA440のIFT間寸法を広げた。

初回基板は31mmだったが、48mmに至った。

これならばTA7613の方がベターだ。 帰還発振はしない段数だ。

 

033

**************

TA7613に 新しいプロダクト検波を載せてみた。

034

2019年8月11日 (日)

TCA440 基板手配は6度目だ?。

***********************

非AGCモード時に ゲイン過多による帰還発振するTCA440の続です。

IFT間寸法の8mmストレッチはやや無理だったが5mm延長して45mmほどになった。 初回は25mmだったが、帰還発振しまくりで???だったが、IFT間寸法を増大させるにつれて4段IFの挙動も判ってきた。

・データシート回路では自励OSCしなかったので造り直しが3回。⇒osc回路はオリジナルに為った。

・FETカスケードによるプロダクト検波(455khz)でマイナスゲインになって、回路変更1回。

・非agcモードでの帰還発振対策に2回手配。

このレイアウトにてpcbwayへ手配する。安全を見て欧州のように2nd iftとシリーズに3.3オームを入れてみる。iftのqが多少下がれば助かる。

013

・無信号時にゲイン過多状態に陥り帰還発振する傾向がラジオICにはある。SANYOのICではLA1600,LA1135,LA1427等はAGCモード突入以前の微弱信号受信時に遠くでビート音が聴こえる。SSGからの信号を止めるとそのビート音も消えるので、微弱信号時の特異な現象のようだ。

・しかし、TDA1072ではそのビート音が聴こえてこない。他のラジオICよりも設計が優れているICだ。ノイズスレスレで信号を聴くことが多い「amature radio」 向けにはtda1072推奨する。

ウェブページ

カテゴリ