Powered by Six Apart

自作 中波帯 GT管式AMワイヤレスマイク 04号機 Feed

2015年11月24日 (火)

自作 中波帯  GT管式AMワイヤレスマイク  4号機

**************************

GT管の3球ワイヤレスマイク。 マジックアイのワイヤレスマイクの次は、GT管式。

6SA7,6C5,6SQ7の予定。

093

6SQ7で27dB、6C5で10dBも取れれば足りる。

094

2015年11月25日 (水)

自作 中波帯  GT管式AMワイヤレスマイク  4号機 通電した。

******************************

続きです

メタル管3球載せた。

前回も記したがメタル管のOSCは、ガラス管よりも強く発振してくれる。

096

ポリバリコンは、従来とは違う型式にした。NEW MODELらしい。

ANT側もOSC側も同容量。ポリバリコンで同容量ってのは、オイラにしては初物。

097

Freqは580~1650Khzとワイド。正確には1700まで伸びている。小容量cをパラ付けすれば530まで簡単に下がるが、上限も下がる。 

098

10mV入力させてVR8部で飽和する。 Line inを想定しているのでaudioのゲインがやや大きい。mic inだとやや小さい。 減らすことを考える。 50mV入力だとVR3部で飽和する。

飛びは普通に3m。

ワイヤレスマイクで音楽を飛ばして聴くならば、IFTなしのラジオをお薦めする。

帯域制限のないラジオならHi-Fiで聴こえてくる。

真空管の7極管を使っているのでマイクアンプ部の特性だけに依存する。 回りこみ防止に100pfを吊り下げてしまうと高域の垂れが判るので、それも入れていない。 入力ラインは短めに。

******************************

第154番目の製作記事でした。

2015年12月20日 (日)

ラジオマイク OSC具合

***********************************

①トランスミッターも吸い込みの良いアンテナにすると飛びすぎて、NGだが、

吸い込みが悪いアンテナだと、アンテナから放出されずに戻ってくる電力が悪さをするので

ラジオマイクはアンテナ加減が難しい。 「どのように悪さをするのか?」は体験者のみ知る。

 P-G発振だと強すぎて電波法的にNGなのでG-K発振にしているが、シャーシからのブーン音流入を完全には防ぎきれない。発振の切っ掛け用Cを減らして、ギリギリに発振する容量にすると至ってクリアな音になるが、如何せん弱すぎる。

とラジオマイクのポイントを上げておく。

カテゴリ