Powered by Six Apart

自作 中波帯 GT管式AMワイヤレスマイク 05号機 Feed

2015年12月14日 (月)

GT管でラジオマイクをつくろう。BC帯の3球式トランスミッター。 その1

 

F7706a11s

 

4d291159s

**************************

10月の下旬以降~ ラジオマイクを連続して製作中。

「真空管式ラジオマイクを初めてだけど、つくりたいなあ」と想ったら、NPOラジオ少年のキットを薦める。ミニチュア管のキット品なので入門むけ。横150mmと小型の2球式。

AMワイヤレスマイクとして、TRと真空管を混ぜてようやく第20作目になる。

トランスで変調を掛けてもよいが、小型のTRトランスは周波数特性がFLATでないので、やはり音質面で二の足を踏む。 7極管を使うと周波数特性に気を病むことなく使えて具合良い。

ブーン音がなるべく発生しないように実装には注意する。LINE INのケーブル長が5mとか長いことは無いとは想うが、使う側の条件で3m長もありえるだろう。

トランスミッターと呼ぶと、やや大袈裟だが微小電波送信機ではある。

★ポイントとして

①mike_amp部は40dB程度。

②RCA IN

③平滑回路は3段。(2段式ではST管で余計な発振に遭遇した)

④電源トランスは ラジオ少年の「BT-OV」で足りるので、並3用トランスでOK。

 マイクアンプの初段は0.5mA程度。次段でも2~3mA程度しか食わないので

小さい電源で足りる。

080

シリコンブリッジの耐圧は600V超えがgood。400vでもok。

330Ωの3段で平滑回路は足りる。昔10段までtryし,リップルがオシロで読めない程度まで低減したこともあるが、 「どこにアースするか?」が決定的に支配が高いことに気ついた。

実用上は3段でok。

母線を張る。ケースはs-9(横150mm)

081

LEDへの配線は簡便化する。

082

RCA は絶縁タイプを使う。

083

VRからの線材はシールド線でもOKだが、網線にOSCが載ることもあるので、

あえて単線でシャーシに這わせて浮動容量を大きくさせ、信号線に載ったRF成分をシャーシに吸わせる方法もある。

過去記事のように、ヒーターラインにOSCが載っていることをお忘れないように。

084

coffee brakeしてから通電確認。

RCA IN周辺は写真参照。

接地点も写真をみれば判る。

追記22時

cofee brakeして戻ると間違いに気ついた。⇒訂正した。

085

通電したが次段の6c5が動作しない。ヒーターは点く。 暖まってきたおりの0.5秒ほどの瞬間だけプレート電流が流れる。その瞬間は波形も出る。

何を間違えているのだろう??

2015年12月15日 (火)

GT管でラジオマイクをつくろう。BC帯の3球式トランスミッター。 その2 飛んだ。

ARDF  PJ-80のキットが買える。

ARDF本家のサイトでも変わらずに上がっている。

ラジオ工作派の方々は手に入れるチャンスですね。

PJ-80を7Mhzや14Mhzにコンバートして遊んでみてください。

*******************************

さて、続きです。

6C5が動作しなかったラジオマイク。

球がNGかとと差し換えたり、ソケットの接触がNGかと換装した。

6SQ7⇒6C5へのコンデンサーを外すと6C5に電流がながれた。

テスターで測ってもコンデンサー端には電圧が発生している気配はないが、テスターごときでは測れない世界の不良のようだ。

★6SA7を刺さずに、mike_amp部をオシロで確認。

ゲインは38dBほど。6C5には0.9mA.バイアスは4Vほど。

086

087

アンテナ無しで2.5m飛んだ。

088

6sq7⇒6c5⇒6sa7の構成。

089

***********************

第159作。

2015年12月20日 (日)

ラジオマイク OSC具合

***********************************

①トランスミッターも吸い込みの良いアンテナにすると飛びすぎて、NGだが、

吸い込みが悪いアンテナだと、アンテナから放出されずに戻ってくる電力が悪さをするので

ラジオマイクはアンテナ加減が難しい。 「どのように悪さをするのか?」は体験者のみ知る。

 P-G発振だと強すぎて電波法的にNGなのでG-K発振にしているが、シャーシからのブーン音流入を完全には防ぎきれない。発振の切っ掛け用Cを減らして、ギリギリに発振する容量にすると至ってクリアな音になるが、如何せん弱すぎる。

とラジオマイクのポイントを上げておく。

カテゴリ