ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

LM311でosc Feed

2021年3月 6日 (土)

LM311を触ってみた。その1はosc不発。

ne555では矩形波をamラジオ周波数で作成できた。

lm311で挑戦してみた。

******************************************************

LM311を触ってOSCさせてみた。

日本人のWEBに実績ありそうな雰囲気で回路があった。反面、「その回路じゃ動作しない」とのWEB情報もあった。

ここはまず騙されてみよう、、と。同じ回路で基板化してみた。

P1010033

はい、動作しません。 

「その回路じゃ動作しない」との情報は正しいですね。

オシロ波形の公開ないものは、まず偽りと思ってからスタートするのが良い日本国です。

偽りを上げている奴らがオイラyoutubeを叩きにくることは知っています。どうぞ、どうぞ。

****************************************************************

JA7CRJ 千葉OMが刊行本で明示しているように、口先だけの工作者に限って誇大自慢しますね。このあたりは 今のネトウヨと共通するものがありますね。

匿名性を有効に使ってターゲットを叩くのは日本人の十八番だと捉えています。その意味では韓国人意識と共通性があります。

LM311を触ってみた。その2はoscしたよ。

前述のように不発を確認したLM311回路の続です。

****************************************************************

やはり駄目ね、、と等価回路を見た。

等価回路に沿って結線変更し通電した。

OSCしてきた。

Osc1

Osc2

波形は三角波。 

思っていたより弱いので値が適正でないようだ。

いま、定数の追い込み中です。

**********************************************************

こうなってきた。3番ピンにはコンデンサー不要。 「基板の浮遊Cで足りるのか??」の判断ができないが、抵抗だけ結線されていればOSCする。

OSCは赤コイル、パラ付Cは68PF。

Osc3

LC共振周波数に整合した範囲ではOSC強度 0.6V位が上限だ。

2番にDCカットでLCを吊るすとLC共振周波数とは全く整合しない周波数でのOSCになった。3番ピンラインに入れるとLC共振周波数とは概ね整合した。 

******************************************************************

web情報とは回路が随分と違うが、62kHzで矩形にできた。

Osc4

矩形になったのでfreqを引き上げてみた。オーバーシュートが見れるが、回路中のcは3番ピンとlcへの結合cだけだ。そのcを大きくするとfreqが下がるので難しい。

Osc5

矩形波上限は100kcくらいだね。 可聴域で矩形させるのが安全です。

トランジスタ2個で矩形波つくった方が回路定数としては安全だね。

******************************************************************

実験中はこれ。回路は未確定。LCはここに入れないと全く違う周波数でOSCする。2番ピンにCRをC結合すると 可聴域での発振にいきなり下がるし、素手が近づくと強度が暴れて不安定すぎる。R23,24は1Mオームだと強度がさがる。10Kではやや弱いので100~220Kがよいらしい。


YouTube: スマホのイヤホン端では、テスターでの電流値が計測できるぜ。

ウェブページ

カテゴリ