Powered by Six Apart

« 2020年9月 | メイン | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月 1日 (木)

人気のfcz power meter.

人気ですね。

Pmeter

・回路は非常によく知られたもので戦後すぐの雑誌でも見つかる。

・写真のような「指針を90°曲げしたインジケータ」はニーズがないようで 中国での製造が発見しにくい。

フルスケール 3Wのpowr計がメーカー製で売られてた時期があった記憶だが、、、。

qrp power meterを自作する。100mWを計測したい。

「100mWを測れる道具が必要だ」と思って眺めていたら、先日のyahoo japan auctionで JH1FCZ氏リリースのQRP Power meterが そこそこの価格になっていた。

送料込みの合計では、1万円札を渡しても、おつりが200円程度しか戻らない。そこで自作できる内容なので急遽製作した。

001

****************************************************************

002

*****************************************************************

003

******************************************************************

・M1.6のネジが手元に無かったので両面テープつけ。この両面テープは、2005年頃には国内最強力であったが、もっと良いものが昨今流通している。

004

******************************************************

・BNC座もM座も無かったので暫定でRCAにした。ケースはリード NO.9.

・インジケータの新品は九州の祐徳電子で販売中。 オイラはactionでtrio tr7100のものを調達した。

005

・調整方法はJH1FCZ氏が公開済み(刊行本).

・bnc座を手配したので、届いたら交換する。部品代はケース含みで2,000円弱。



通算368作目。基板領布は考えていない。 管理のために番号はつけておく.(RK-108)

この本にも how to make "qrp  power meter" の製作記事がある。

P1010021

P1010018

*************************************************************

・メータの精度は、電気料金メーター程度はある。  規格でプラス10%まで認可されている電力メーター業界なので、工場出荷時にはプラス5~6%に合わせてある。つまり実際より多めに計量でき、電力会社が非常においしい思いができる。 

・電気メーターの製造拠点が安曇野にある。オイラがそこを初めて訪れたのは34年前。

・東京電力の検針メータ(スマートメーター)の製造ライン最後端には、オイラ設計/製作の「通電検査+封印機」が活躍中。

東証、全銘柄の売買停止

これって、受注会社が50%ハネて、残50%で下請けに丸ごと委託する構造。

「実態部隊は派遣の集まり構造」になるので、まともな人物は発注側にも受注側にも居ない。下請け会社の良心だのみな業界。

2020年10月 2日 (金)

国策で放射能を撒き散らし中。

3.11より昔の国会での議事録。

*********************************************************

ちなみに日本共産党が福島原発の災害対策の不備にツッコミ入れた時の安倍の答弁

吉井議員 「海外(スウェーデン)では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのか」
安倍首相 「海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない」

吉井議員 「冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか」
安倍首相 「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員 「冷却に失敗し各燃料棒が焼損した(溶け落ちた)場合の想定をしているのか」
安倍首相 「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員 「原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測を教えて欲しい」
安倍首相 「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員 「総ての発電設備について、データ偽造が行われた期間と虚偽報告の経過を教えて欲しい」
安倍首相 「調査、整理等の作業が膨大なものになることから答えることは困難」

吉井議員 「これだけデータ偽造が繰り返されているのに、なぜ国はそうしたことを長期にわたって見逃してきたのか」
安倍首相 「質問の意図が分からないので答えることが困難。とにかくそうならないよう万全の態勢を整えている」

**********************************************************************

なお、安倍首相答弁で繰り返して使用されている言葉の「万全の態勢」とは、Weblilo辞典によると「予定 している計画や作業などを行うにあたり、細部にわたって抜かりがないさまを意味する表現 」と説明されている。

自民党を支持しているのは 放射能で食い扶持を得ている階級。

放射能で被害を受けている側が加害者を支持する国では オツムの出来が悪すぎるのが多数だね。

松本市の「四代目竹内組」事務所

「四代目竹内組」事務所 が松本市内にあるようだ。 詳細はここ

********************************************************

テコンドーで知られる金原氏達が警察とともに暴力団追放運動を展開したのが1988年頃。全県で動きが行われていたので、大人ならば覚えているだろう。

松本市、豊科町、大町市で暴力団追放大会がそれぞれ行われ、オイラも会場には顔をだしていた。綺麗な婦人警官が誘うので会場についていった。

2020年10月 3日 (土)

なんやろ~

昨日のこと。

OFFICEに行くと、通りの反対側の事務所(他社)に 鑑識が4人ほど来ていた。

「なんやろ~」と思ってたら、刑事が聞き取り調査に来た。

「ガラスは割られてなくて、こじ開けて侵入」とこのと。 

「これ公知しません」って言いきっていたので、報道系は来ていない。

*********************************

報道されない事案がかなりある雰囲気だね。

trio 25kcマーカー  for ts510  &  ts520.

 

・ts520 マーカーはワンショット・マルチバイブレーター回路に拠る。技術面では1960年~65年頃の雑誌でちらちら見かける。動作原理も誌上で詳しく公開されている。左様な技術学習しない愚かな大人には為り下がりたくないね。  今は忘れ去れた動作になる。

・100kcを1/4でone shotさせる回路になっている。

***********************************************************

実物はこれ。

このサイズをつくれる水晶振動子製造設備はもう無い。 台湾のecsがhc-16 :1000kcを販売してはいる。

25kc1

25kc2

**************************************************************

置換できるように取付穴を同じにして基板化。

トーン回路を載せて、泉弘志先生公開のトランスレス変調にした。

25kc5

25kc3

**************************************************

基板の取り付け孔のむこうに ハッチングラインがしっかり見えるので、このpcb基板はそのままとりつきます。

25kc4

大きさ確認したので、試作を手配する。

カツミのマイクコンプレッサー考

katumi マイクコンプレッサー考。

***********************************************************

・しょうしょうボーっとしながら webで確認をしていたらカツミのマイク コンプレッサーの回路が落ちていた。

「あれ??これ、雑誌に公開されてた回路ですね」 。あの 「開発記事 イコール カツミ製品」の記事だと知らずにpdfを持っているオイラ。

フィードバック方式なので「処理までの時間遅れ起因する過入力」はそのまま流れでます。記事にはその遅れ時間について明示してあったか? 無かったか?

******************************************************************

・kenpro kp-12,kp-60は回路も判ったし、LB-75C回路も判った。

・DAIWAのも普通な回路だった。心臓ICはまだ手に入るよ。

・カツミも回路1つ判った。


YouTube: 自作RFスピーチプロセッサー :ta7061 クリスタルフィルターレス


YouTube: mic-comp using an829,panasonic

LTspice。 あ~あ、 シュミレーションと現実が乖離している。

「RK-44 ⇒8石トランジスタラジオ化 」にあたって、LT spiceでシュミレーションさせて、動作点電圧とゲインを確認した。供給3Vでもっともスピ-カーを鳴らせるOTL回路にして、基板にした。

基板がようやく届いた。 その数値通りに実装した。

002_2

****************************************************************

実測ゲインは マイナス30dB. シュミレーションではPG=20dB超え。

このLT spiceってのは 駄目すぎるね。

初段の実測ゲインは9dB. ソフトでは16dB.

次段の実測ゲインは マイナス10dB.  ソフトはプラス6dB.

LT spiceは 「TRIO回路だとまともなシュミレーションできない」ことが判明している。さらに今日の駄目具合。 数値目安にも為らないことが判った。

001_2

****************************************************************

このソフトでRを変えていったら+45A流れて 、マイナス36A流れるそうです。

45a

教科書で見掛ける回路なんですが、、、。

LTspice。

電源が3Vで、入力はプラスマイナス5mV.

初段の負荷具合を知りたくて走らせたら、増幅???して50Vになった。

バグった。

途中で演算がタイムアウトした。フリーズ回避にタイマーが走っていることが判った。

54v

この回路はしっかり鳴るんです。40年前からキット流通している実績あり回路です。しかし、このソフトで走らせることが難しい。

*************************************************************

Cを使ってNFBが掛かる回路も20dBほど掛る定数ならばシュミレーションするが、3~4dBのNFB量だと 演算処理しないことも判った。

このソフトを使うとNFBの戻し先が同相でも発振しないことになった。ふ~ん。

2020年10月 4日 (日)

LTspice。10月4日

LTspiceによれば q4の入り口は入力信号の10倍になりこうなる。

940mv

現実は入力信号の1/2程度に減った。

値を変えて、進めたり、戻したりしていると 突然演算値が変わる。操作手順をすべてmemして突然おかしなることで有名なauto cadと似た挙動になった。

how to make "qrp power meter"

先日の100mW QRP power meterで問い合わせをいただいた。

**************************************************

answer :

この本に製作紹介がある。 自作派ならば所有しているだろう。

P1010021_2

************************************************************

P1010017

RFスピーチプロセッサー 。 ケンプロKP-12

不動のkp-12を調べてみた。

注 :kp-12は トランジスタで構成。 リミッティングは 2sc380 + diode.

   :kp-12aは dbm ic採用 。 リミッティングはta7061.

P1010011

P1010013

・osc強度がやや不足気味。もう2割増し欲しい。

・マイクアンプ部が活きていない。パターンと信号ラインから察するに部品が、通常回路ならばもう二つ背面にあったはずだ。現状の信号ラインだと100%動作しないだろう。 少なくとも半導体2個は寿命。

・「電源トランス2次側はセンターあり」だが、安易に設置しているので 設計が拙い。これだとブーン音を呼び込んでしまう。

・この基板はベタアースなので考えなしにパターンを決定するとハム音がしっかり乗るんだが、やはりそう為ったようだ。苦労した形跡が4箇所ある。

・トランジスタのジャケットが60年代後半品なので製作は72年頃前後か?

・銅シート固着材強度が 現在より弱いので、暖める際は注意。

**************************************************************

・単に部品交換で治る水準ではない、「外されている部品がCなのかRなのか?」或いはこのままで成立するのか?。 おいおいと触ってみる。

2020年10月 5日 (月)

rjx-601で受信してみた

自作モノバンダー :RK-89

003

***************************************************************

rjx-601で受信してみた。


YouTube: Mono band qrp am transceiver : this is on 50MHz( model RK-89) : tx-sound

******************************************************************

真空管fmチューナー。1959年~1960年頃の発売品。ノーメンテナンスでこれだけ鳴る。 半導体ものには60年歳月は無理ですね、トランジスタ寿命は随分と短い。


YouTube: TRIO tuner : FM-105 で補完放送を聴く.

日本にmpxを真空管構成で作れるのは僅か一人かな?

スタンバイコントローラ、スタンバイ回路

pic等ソフトによる制御だと 「fail safe」が困難だ。

・オイラは床置きアンプは持っていないので、スタンバイコントローラとは無縁に暮らしている。地下室に20kw発発を置いている通信オペレータならばスタンバイコントローラは必要だ。

***********************************************************************

・電力ものでは、fail safeのために基幹部はメカニカルな制御が中心になる。

・メカニカルな制御を捨ててソフトによる制御の利点は、プログラムが一部破損したらタイミングによっては出火焼損の可能性が非常にあること。

今日のkp-12 :kenpro

**************************************************************

実装部品が1つふたつ欠落しているようで、探り中。

mic ゲインのボリュームにDCが掛かる回路になっている。 ⇒ 結合コンデンサーレス。

電源が15.6Vなので 18.8になるのか?

005

テスターの正負を変えると数値が違う。 その理由は???

指示待ち人間には理由が判らないと思うよ。

004

*************************************************************

フローテイングアースのような回路になっている。

ベタアースをゼロボルトとすれば、VRの1番端子には5V近くDCが発生している。

P1010029

*************************************************************

写真のkp-12は初期モデルなのでヒューズすらない。おいらのと同じ初期型の記事はないようだ。

後期kp-12はICを採用。この後期型はKP-12Aとほとんど同じ。

 

2020年10月 6日 (火)

アース側の配線点がまちがっている例  ⇒ 結果:ブーン音が下がらないね。

・商業電源起因のブーン音を減らす或いは下げるには、接地点のよし悪しがかなり効いてくる。昭和25年頃からの雑誌にもそれは書かれている。

・真空管アンプ分野ではぺるけ氏が平滑回路実装ノウハウを公開しているので、自作派のレベルは高くなっている。しかし、真空管ラジオ分野では部品交換作業者が多数派なので、技術レベルupはされてきていない。

・ブーン音があえて強くなるように配線されたラジオをわざわざと入手したい方も多いので、そこはご自由にお願いします。

*********************************************************************

アース側の配線点がまちがっている例。

Ng

部品交換作業者によくみられる。

**********************************************************************

ぺるけ氏のwebで学ぶ必要がある水準例。

Ng2

******************************************************************

6z-dh3aをゼロバイアスで使用する際は、低信号量にして歪の少ない動作レベルでお願いします。入力信号強さが0.1V前後を超えると歪んだのが聴きとれます。

2020年10月 7日 (水)

FL-net

う~ん、plcのソフト作成から離れて久しい。

仕事でplc通信を利用するんで、現行plcと拡張スロットを眺めていたら、FL-net ってのが制定されていた。

gppやdos v上で触ってきたが、機械設計屋なんで最新plcに疎いを実感した。 

*******************************************。

・動力の供給ラインと信号伝達とを考える必要があるんだが、この田舎じゃ 誰もそんな経験者は居ない。 

・中電の下請けへ動力線布設を相談したらトンチンカンな事を返してきたんで、オツムを使う仕事をうけていないことが露見した。 オイラより知らなくてどうするんだ?? 

2020年10月10日 (土)

米国 と トランプ。

 トランプは内戦をおこしたいらしい。理由は大統領でなくなると都合が悪いことの封じ込めができなくなるからだ。兎に角大統領の椅子に居続けるために、さまざまな方法を彼は挑戦中。

 「地球は平らだ」と信ずる人々の集合体であるキリスト教、ユダヤ教等に染まる生活をしているので論理思考は子供水準だ。広義の反知性主義になるだろう。

日本もでっちあげを信ずる短絡思考回路人が過半数になってきているので、多角度から検討比較し正道を決定することが求められる科学・技術の発展は、ほとんどのオツムが対応できない。これは教育の結果であり、生活環境の結果である。

pcすら使えない若人は、pc使いの年寄り以下の技量しかない。そんな水準の若人にできることは体を駆使した仕事だけだ。

本siteにも 非pcでのアクセスが全体の1/3程度ある。つまり肉体労働者だろう。スマホなんて小画面でみてるとさきざき小者にしかなれないぞ。

「数万のpcを買うゼニがないので通信端末でsiteを見ている」と普通は判断する。人事の採用者も同じ視点だ。

・通信端末は設計行為はできないので、オツムを使う必要のない人が好んで使う道具である。アスセス情報から大雑把には知的水準が知れる。サントリー等大手な会社では、このアクセス端末情報とその通信端末の購買層から、様々な傾向を掴んでいる。これがbig dataと呼ばれ権力者、販売側がわざわとゼニを出してまで欲しがっている。データを集めて売り飛ばすのはIT企業の本業だ。

・ゼニを払うとお馴染グーグルですら親切に分析してくれる。それを知らずにグーグルを使っているのは1000%馬鹿だ。

ssb/ am用にリミッター アンプを自作しよう。

phoneの平均的変調度を上げるための手段は、ここに公開してある。

先日は フィルターレスのRF スピーチプロセッサーをまとめた。 「群遅延特性がー」と騒ぐ対象物がないので音域は素直である。

今日は、RFも止めてしまってAF で同じICにてプロセッシングさせた基板にした。709によるLPFの威力も気になっていた。

JA1AYO 丹羽OM 執筆のIC応用製作(昭和51年刊行)に学んでみた。師からは承諾を得ている。

師の回路の前段に2SK30Aを入れて音色の向上を測ってみた。後段にはメーター回路を追加した。

Rk110a

*******************************************************************:

この入力値1mVで既に軽くリミッテイングされている。

Rk1102

*****************************************************************

動作中。

Rk1104

*************************************************************

さらに入力を上げた。

Rk1103

**********************************************************

出力側にメーターを配置した。

Rk1105

******************************************************************

低周波発振器は絞っても0.08mV程度はでてくる。

Rk1106

**********************************************************

無事、動作した。

通算369作目になる。基板ナンバーはRK-110.

心臓部はKP-12Aと全く同じだ。 AFでの信号処理なので歪みが可聴帯域に落ちてくるのは、JH1FCZ氏のマイクコンプレッサーと同じになる。

Ans01

このマイク入力リミッターキットはyahooにて。


YouTube: mic-comp using an829,panasonic


YouTube: COMP-METER,USEING TA2011


YouTube: Using NJM2783 , mic-comp P.C.B


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

ウェブページ

カテゴリ