Powered by Six Apart

« 51.045MHz AM で受信調整。 Sメーターの作動確認。AM チューナー IC 「TDA1072」を使う。 | メイン | プロダクト検波/AM検波の2モード対応のラジオ基板を領布します。 »

2018年6月 3日 (日)

基板ものの進捗について。Sメーターが振れるラジオIC.

基板ものの開発進捗は次のようになっている。Sメーター対応のICはTDA1072(TDA1572)の作動例参照。

TDA1572(TDA1072)と似たICでSANYO LA1135があるが、LA1135が50MHz帯で自励作動するのかは不明だ。

008

ラジオものは、プロダクト検波での作動実績も積み、送信ものではMC1496エキサイターでDSB波も生成できた。

次のステップはそれらを組み合わせたものだろう、、。 と検討を始めた。 

009

完成予定は未定。

MC1496(DC受信機)の試作基板が到着しているので、

MC1496(DC受信機)⇒ DSB発生基板⇒ 5桁周波数表示器 ⇒TRXの順で通電確認になる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34129081

基板ものの進捗について。Sメーターが振れるラジオIC.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ