Powered by Six Apart

« 「知識は書籍から」 | メイン | 超再生式の実験基板。using eagle cad for super-regenerative receiver。 »

2017年3月19日 (日)

LED式周波数表示器ラジオと乾電池。

52d00048371242d6dfd

****************************************

    LED式周波数表示器ラジオで「乾電池の電源は、ヒーター電源を整流して使用出来ないでしょうか? 」。

まず、LED周波数表示器は大別して3通りになる。(received frequency display)

①カウンターICを利用したタイプ。

  現時点ではICの入手が少し困難である。

②専用ICタイプ。(記事参照。)

下の表示器は80年代IC使用。往時の半導体ラジオに使われていたICで製作。いわば復刻版。

013

011

Unit4

Unit5_2

   deta 検索すると received frequency display ICは2種類だけのようだ。

③PIC等マイコンでダイナミック点灯(記事参照)

  近年主流。

004

001

057_2

まず電波としてノイズ放出しないこと。

次にクロックノイズの漏れ。 3端子レギュレーターのノイズ流出。 この2点に留意すればヒーター6.3Vからエネルギー供給ok.

乾電池駆動なら電波ノイズにだけ注目すれば良く、ノイズ流出には目を瞑ることができるのでビギナーは乾電池駆動がよいだろう。

検索でHITした本サイトだがweb logゆえに、過去記事を読むと上記の意味が判る。

上記それぞれの周波数表示器は出品中。

出品中の商品はこちら

参考

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34049113

LED式周波数表示器ラジオと乾電池。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ