Powered by Six Apart

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月 1日 (日)

自作短波真空管ラジオの「丸ダイヤル目盛り板」 3.5Mhz

今日は、丸ダイヤル目盛り板を 軸に接着固定中。

012

自作短波ラジオのバリコンを換装した。

★短波ラジオの受信可能上限は、概ね7.7Mhz。

013

受信周波数の下限は、3.45Mhz。

014

ダイヤルを実装できる状態までは来た。

例の「△△ニダ」がガツンと聴こえてくる.

続きます。

TOP PAGE

2014年6月 3日 (火)

自作短波真空管ラジオ 3.5Mhz~7.5Mhz


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

010

030

************************************

他例式スーパーの短波版の続きです。

実放送も聞こえています。

前記のようにバンド合わせは済ませましたね。

★バンドが合いつつ、局発レベルが良いコイルになるまで

局発コイルは、cut and tryで11回作り直しました。

24~25巻きで周波数が合うので、タップ点を探してました。

017

016

最後は、上記のように24巻きで、「17巻き+7巻き」にしました。

およそ29%位置にタップがあります。

タップ点が低いと下側で発振が弱いので要注意です。

 

015

★発振具合を注入点で確認します。

018

初期の発振コイルでの発振具合。

バンド下側で1vにも届きません。

トランスレスラジオの短波コイルを用いて6BE6で発振させると

この位の強さですので、格段に悪いわけでもなく一般的な発振強度です。

先日完成した「他例式BC帯ラジオ」では、1.7V近傍で感度が良いことが判っています。

★では、今回の適正注入量を探ります。

発振経路にプローブが吊り下がっているのでoscは低めにシフトしてます

019

バンド下限で、この数字。(最弱注入量)

020

上のようにバンド上限でこの数字。

021

最強注入強度は、3.3V。

注入量は、バンド下限が一番小さくて、途中でMAXになって下がっている。

耳はバンド上限が一番良い。バンド下限が耳悪し。 8dBの差がある。

バンド上限と下限の注入量の差は2.44-2.18=0.26V。

注入量に起因して耳が変化するならば、最大注入量の前側でも2.44V点があるので

ここも耳がピークになるはずだが、、、、実際は耳ピークにならない。

注入量の支配性は強くない気配。

022

023

糸かけ。

P1010041

パネルに2穴追加した。 微調整用のバリキャップとBFO用(2バンドsw??)を予定中。

(実装するかは、本人の努力次第)

注入コンデンサーは、マイラの50PF

★耳をよくするためにIFTはCを減らして、

可変コアを深めにいれて結合を上げている

例えば純正120PFならば、110PFにさげてコアを深めにいれる。

トランスは受動素子なので、エネルギーを増やす動作はできない。

いかに減らさずに伝えるか????

「IFTのゲイン表示」を見てしまうと、さも増幅作用があるように捉えてしまうので

ゲイン表示にはかなり違和感がある。

副次的メリットは、sg電圧を下げれるので球の温度が低めで済む。

(夏にはとても有り難い)

★回路は普通。特徴は無し。

回路図

*************************

他の短波ラジオたち

063_2

020

023_4

TOP PAGE

2014年6月 6日 (金)

自作短波真空管ラジオ 6BQ7,6BA6,6AL5 回路図

続きです。

大方できあがって、IFT段の感度を追いこんで行った。

SG抵抗を交換して通電中に、検波管の6AL5が壊れた。

60Hzのブーン音が突然にスピーカーから聴こえてきた。予兆は無かった。

024

上のように、がんがんとブーン音がsp端で測れた。

025

良品は上のように、いたって静か。

★テプラを貼った。

026

027

028

忘れ易いので回路図を上げて置く。

短波のHバンド専用ラジオ。

029

super_6bq7_sw.pdfをダウンロード

50PFはOSCのG1に結線してください。

微調用バリキャップはのちほど

BFOは止めて、BC帯との2バンド化に変更してみたい気もする。

SGで信号を入れて、耳をアイテックのSR7と比べてみた。

2dB、アイテックの方がよい。

耳はサイテックさんのダイレクトコンバージョンキットが7Mhzでは一番良いけどね。

7極管はノイズが多いので、短波ラジオは3極管でのヘテロダインを薦めます。

*********************

以上、Hバンドの短波ラジオ製作記事でした。

TOP PAGE

2014年6月 7日 (土)

バーニアから、丸ダイヤル目盛板に換えた

今日は、丸ダイヤル目盛板

去年製作した6球スーパーラジオに取り付けてみた。

031

上のように、バーニアになっていたが、

030

外して丸ダイヤルに換えた。

032

ついでにIFTを三菱のものに換装。

033

IFTを換装したら、IF段のゲインが増えてしまったので、

IF球のバイアスを深くしつつ、SG抵抗を数値を上げた。

034

2バンド化するなら、このラジオの方が余裕があるナ。

TOP PAGE

******************************

050

 直読タイプのGT管ラジオも製作してます。

2014年6月 8日 (日)

FMモノラルチューナーキット (ヘテロダイン方式)  DBR-601 未着手

半導体式FMのチューナーのキットは、

先日 超再生式チューナーキットを組みあげました。

*******************************

そろそろヘテロダイン式トランジスタチューナーを製作の頃だと想っています。

型式 DBR-601

035

036

このキットは、この会社から販売されています。

唯一のトランジスタ式FM帯ヘテロダインキットです。

FM帯の専用ICで組みあげると あまりにも簡便で、

技術向上には程遠いとオイラは想っています。

回路学習、技術向上したい方向けのキットです。

★軽薄・簡便さがもてはやされる時代だからこそ、トランジスタで組む意味は深いですね。

未着手です。

 TOP PAGE

2014年6月12日 (木)

自作短波真空管ラジオ 3.5Mhz~7.5Mhz バリキャップで微調させた。

他励式短波スーパーの続きです。

周波数の微調整回路をつけてみた。

バリキャップで⊿fさせた。

037

039

上の2枚の写真のように

VRを右⇔左で40Khzほどの変化にした。

実放送を聴いてみて使い易い変化量にした。

038

単位Vあたりの変化が多いバリキャップだと苦しいので、

規格表から手頃な型式を選べばOK。

共振回路に吊るすので、結合Cはマイカ。

★補助アンテナなしに、

オンキョーのOS-195より 格段に放送が聴こえくるので、

耳は合格点ですね。

★「6BE6などのHEPTODEはノイズが多い」のは、皆さんがご存知の通りです。

 BC帯でも,6BE6(HEPTODE)のノイズに気ついている方も多いはず。

  製作経験上、短波帯は、他励式のヘテロダインラジオを薦めます。

****************************

 TOP PAGE

2014年6月13日 (金)

中国製IFTを使ってのスーパーラジオ (他励式6球) その1

真空管ラジオでは、

2球レフレックス、O-V-2や再生式ラジオもまとめてきたし、

ヘテロダインも他励式ヘテロダインもまとまったので

次の製作に悩む処ですね。

単球では、「レフレックス+再生」が一番耳が良かったですね。

電波の強い処に居があれば、再生式で色々と楽しめるのですが、

この田舎ではそれは、「憧れ」になってしまいまする。

ロックドオシレーター検波も通電する頃合ですね。

******************************

このラジオで放送を聞きながら、

041

042

中国製IFTが1SET遊んでいたので、シャーシーに乗せてみた。

IFTの開口部が大きいので、その開口部からの磁束の漏れもそれなりに覚悟する。

樹脂ネジに固定されているコアが首振るので、調整には少し留意する。

「ローカルな話題を伝えてくれるBC帯のラジオ」作りに意識が行くのは何故だろう。。。

043

044

ここまでは6AL5の予定で来たが、

検波は6AV6に変更するやも、、。

★古書には

6AV6のような双2極3極使う場合は、

ニ極管プレートと三極管プレートとの結合がついて回るので信号の素通りは避けられない。

明確に分離したい場合には6H6や6AL5を使え

と書いてある。

 続きます。

 TOP PAGE

2014年6月15日 (日)

中国製IFTを使ってのスーパーラジオ (他励式6球) その2 局発コイル

続きです

当初は、ヘテロダイン検波は6BE6(6BY6)のつもりだったが、

製作途中で他励式に方針変換。

BC帯でも、heptode(7極管)はノイズが多いのが前回の製作でわかったので

本機も他励式にしてみた。

045

上の写真のように、

試してみたいことがあったので、ミニチュア9ピンソケットを2コ配置した。

駄目だったら、9ピンの6BA7で鳴らす予定。

IFTの調整穴の向きは、こうしないとIFTからの漏れが多くて使えないはず。

局発コイルは、TR用OSCを改造して使う。

046

047

55cm巻く。

048

タップ位置は13cmの処。

 

049

 

055

ヒーター容量が苦しいので、1st AFは6HM5。

ダイオードの倍電圧検波にした。

他励式ヘテロダインは、6BE6より具合が良いと想う。

 TOP PAGE

2014年6月18日 (水)

中国製IFTを使ってのスーパーラジオ (6GX7他励式) その3 通電してみた。

他励式スーパーの続きです。

以前のBC帯他励式ラジオは6BQ7だったので、

カソード共通の6GX7でOSCさせてみた。

6GX7の3極部でOSC,5極部でヘテロダイン検波。

カソードが共通なので、少し不安。 

OSCは、G-K発振。カソード共通のG-K発振はやや難しいはず。

061

でも、通電一番、SSGの信号が聴こえてきた。

IFTもあわせた。IFT孔からの磁界漏れは、かわしている。

後は、耳の具合を確認する。

062

063

064

耳は、600Khz近傍でがっくり悪い。8dB劣る。

525Khzは普通で600Khzで悪くなって 700Khzで戻る。

局所的に耳が悪い。いつもと違う。通常3~4dB以内に落ち着くが今回は悪い。

放送が聞こえているから、「問題ない」といえば問題はないが、、、。

065

066

上の2枚写真は、注入点での波形。 

下側で発振が弱いが、「最弱発振点≠最も耳の悪い」と注入強度の支配性は弱い。

OSCコイルのタップ点を持ち上げたら、800Khz近傍が耳悪くなった。

コイルと何かのC成分で固有点がある気配。G-Kに挟まれたL成分が効いてくる気配。

発振強度が そこそこでも、局所的に耳が悪いのは、オイラ的にはすっきりしない。

カソード共通管でG-K発振させると、こうなるのか???

 TOP PAGE

2014年6月20日 (金)

RIDE ON CBX400

RIDE ON.

006

 

101bmp

005

004

 

001

002

003

2014年6月21日 (土)

coffee break

昨年の11月~この6月までにまとまった自作ラジオ達。

067

★3.5Mhz~7.5Mhz用が1台。

他はBC帯。 

★7極管を使わないのが2台。

068

2014年6月22日 (日)

東栄トランス T-600

さきほど、届いた。

数量10。

070

今年分はあると想う。

真空管GT管 5球式スーパーヘテロダインラジオの製作 その1 6SK7,6SQ7

カソード共通の6GX7でスポットリーに耳が悪くなる挙動は、

改善されない。 目的信号が吸い取られているイメージ。

6GH8に換装して鳴らしている。

******************************

いままで製作したGT管ラジオより、小振りのGT管ラジオを製作しはじめた。

ラジオ製作は、繰り返して製作することで技力UPできる。

回路図で表現されていない実装技力がUPする。

これは、習い事と同様だ。不器用なオイラもようやくここまで来れた。

075

上の写真のように、これから作るのはケースサイズを1つ落した。

LEADのS-6にした。S-6にしたので5球しか載らない。

前作は、6SA7.6SK7,6SK7,6H6,6C5,6V6の「中間2段増幅+専用検波管」。

耳がほしいので、IFの2段は必要。

となると専用検波管の採用は諦めて、2極+3極の複合管を載せる。

球としては6SQ7が有名。

★主要パーツたち

076

①電源トランスは ラジオ少年のBT-2V。

60mA流せるので、これで足りる。定価1800円。

②バリコンもラジオ少年の領布品。 

③OSCコイルは、OSC-220

④OUTトランスは、東栄トランスのT-600。

⑤IFTは、信頼のSTAR製。

⑥球はYAHOOで調達。GT管はそれなりに高い。

6SK7はかなり見かけなくなった。

★STARのIFTの中身を確認。

077 チタコンも綺麗。1次側が天側の配置。

いまのところ、1次側が地側なのは、松下と三菱。

相が回るとIF発振するので、要注意。

後記にあるが、このSTAR  IFT はキレが良い。

078

良い音でラジオを聴くためには、

①ブーン音が聴こえないことが必須。⇒+Bのリップルは低い方が良い。

平滑回路は、低抵抗の多段式。

 平滑回路が3段だと、VRを上げた折にボボボとくることがあるので、5段にする。

②アース母線を貼る。

 ヘテロダイン式ラジオではヒーターの片側は必ず接地すること。

さもないと局発の漏れ(電波)がヒーターラインに来て、苦労する。

③耳をよくする。⇒バーアンテナを使う。

SG抵抗の配置具合でIF段のゲインも異なってくるので注意。

アンテナとバリコンの距離で耳も違ってくるので注意。

079

「2極+3極管」の6AV6や6SQ7は、

AVCと信号ラインを別々にしないと音がおかしくなる。⇒記事

★50年代の雑誌を見ると

「6AV6,6SQ7のような双2極3極使う場合は、

ニ極管プレートと三極管プレートとの結合がついて回るので信号の素通りは避けられない。」

と書いてある。

実際に、その通りである。

VRを絞っても、受信ノイズが6H6並には低く下がらない。

(後記ありますが,所謂残留ノイズは0.9mVくらいでした。

6H6ですと0.5mVくらいでした)

*********************************

その2に続きます。

 TOP PAGE

2014年6月23日 (月)

TRIO 9R-59のダイヤル目盛板

TRIO  9R-59 のメインダイヤル板。

071_2

春日無線は、信州伊那谷にて産声を上げた。

その春日無線発祥の地の工場が閉鎖されたのは記憶に新しい。

技術革新は、残酷だ。

★cosmosさんの丸ダイヤル。⇒記事

102

2014年6月25日 (水)

パイオニア 真空管トライアンプ FM-B302

パイオニア トライアンプ FM-B302です。

今日の報道によるとパイオニアさんは、

audio visualから撤退を決めましたね。⇒記事

「事務系が力を持ちすぎて、技術開発にチカラを投入していなかった?」の疑念がよぎります。

福音電機さんも、 技術の有る会社ですので、オイラはaudio系の復活を望みます。

もう1年ほど前に入手してあったので、 pioneerの記事をみてこれを少し眺めていた。

050

051

052

触らずに眺めている。

BC,SW,FM帯の3BAND.

 TOP PAGE

2014年6月26日 (木)

log file

広報板に貼られた文字を見ると

Tpp3

 

「断固反対」と書いて「ぐんぐん推進」と読める方は、ずいぶんと大人ですね。

 

農協解体の一理塚として改革推進を政府が唱えはじめました。

もちろん、農協解体が目的です。

農協解体が進めば、次は大手病院の有価証券化ですね

「農協解体」や「病院の有価証券化」は、TPPの前提条件なのです。

過去の新聞報道に多々ありますので、みなさんご存知のはずです。

 

考えることをしない日本人が増えたから、やり易いともウワサされてますね。

公約と170度異なる政策を推し進めても、話題にならないのは

物言わぬ労働者つくり」が充分に成功している証ですね。

技術面や仕組みを考えないエンジニアが増えて、

物作りが後退してるので成功しすぎですね

*******************************

 

2014年6月28日 (土)

真空管GT管 5球式スーパーヘテロダインラジオの製作 その2 6SK7,6SQ7 回路図

6SQ7を使った5球ラジオの続きです

****************************

結線したので、通電してみた。

091

普通に調整する。

①AF段の確認。

 VR端にAF信号を入れて、SP端で15dB~20dB(電圧)増えていればOK。

次にIF段は、「軽いSG電圧と深いバイアス」状態から、

ゲインを上げて行く。 信号源は、SSGで455Khz。

③OSC回りの調整。

 いわゆるトラッキング。⇒あちこちに情報が沢山ありますね。

信号源は、SSGで テストループにて空中に電波を飛ばす。(これが重要)

飛んだ電波をラジオのアンテナコイルでキャッチ。

テストループは、現瞬間YAHOOに出品されているので、必要な方はチェックのこと。

(もう4月前から出されているが、必要なヒトは居ないのか?)

調整したら、+Bのリップル具合を確認。

092

局発球を抜いて、確認。

60Hzの揺れが見える。 

シリコンブリッジ整流なので120Hzの揺れがリップルなのだが、

判らないのでリップルはok.

⑤ VRを絞ってSP端の波形を見る。(所謂 残留ノイズ)

093

ピンボケだが、0.9mVよりも低い。

6SQ7や6AV6は、その構造上どうしても漏れてくるので、この位になる。

前作(6H6)は0.5mV。

SPに耳を密着させればハム音は聞こえる。 0.2mVのレベルでも聴こえるので

ヒトの耳の性能はとても良い。

メーカー製トランスレスラジオの実測値が概ね6mV~10mVです。

経験上、自作ラジオとしては、1.0mVを割り込めばよい。⇒受信ノイズのほうが支配的。

101

103

104

105

STARのIFTなので、サイドがバサっと切れる。

とても具合が良いIFT。松下あたりとは比較にならない。

混信に強いので、このラジオは手元においておきたい。

106

090

回路図⇒5tube_super_6sq7.pdfをダウンロード

ごく普通の回路。

①多段平滑回路の実力は上記の如し。

②6SQ7へRF信号を渡すコンデンサーは47PF。

 「大きいと高域がカットされる」と数式入りで古書に記載があった。

③AVCとAF信号は別系統にする。

④6SQ7のRLは今の処30KΩ。IPは0.2~0.7mAを狙う。

 ゲインを稼ごうと欲張ると、IPが少なくなるので注意。最低0.2mAは流したい。

 このRLが大きいとハム音も上がってくるので、要調整。

 IPが小さいと 音も痩せるので注意。

⑤6SQ7は高グリッドリーク抵抗でなく、 カソードバイアス。

 カソードバイアスの方が音が良いように聞こえる。

 

⑥やや高域不足だったので、OUTトランスに472をパラ付けして

 高域補正を掛けてある。

 ⇒低域補強の場合は、この記事参照

******************************

以上、製作記事でした。

第101個目の製作になりました。

2014年7月6日 追記

今日は、連続12時間鳴らしてみた。異常なし。

1週間の間、毎日2時間づつ鳴らしたので、慣らしは終了。

2015年1月1日追記

6SQ7は多めに電流を流すと音が奇怪しくなる。

データシート上では1mA近くながせるのだが、実際には上限は0.5mA止まり。

0.7mAも流してしまうと音が鼻詰まり?音になる。⇔工作経験者しかわからない世界。

ご自分でお試しあれ。

004

091_2

020

TOP PAGE

6BJ6を5本

 6BJ6を5本入手。

YAHOOで, 今年1月~今日までに30本近く出ているので

必要な方は入手済みだと想う。

6bj6_2

2014年6月29日 (日)

TRIOのIFT

IFTを手に入れた。

左端のは、TRIOの表記がある。2次側のターン数が至って少ない。

200

右の2個は、スタンプ印で「L13-26」。1次側だけ。

ディプメーターで測ると10.7Mhz用ぽい。

TRIOのIFTでは、「ポータブルラジオのページ」が詳しい。

3点とも未使用品だが、1個はコンデンサーを半田してしまった。

カテゴリ