Powered by Six Apart

« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月 1日 (日)

ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その2

ラジオ少年のキット、

ステレオアンプキットの続きです。

①ええっと、ディスチャージ用の抵抗を付け忘れていました。

②POWER SWのE端子の結線を忘れてました。



***************************

通電して、 SP端での波形をオシロで確認します。

VRは絞っておきます。

070

いつものようにヒーター起因のバースト波形が観測できます。

LチャンネルはRチャンネルのmV設定に追従させているので、
Rchの球の方が良くないことが波形からも確認できます。

バースト波形の値はバルボル読みで、1.5mVほどになっています。(SP端での観測)

ラジオ造りの経験から、
この値は格段に悪いのでもなく、良いわけでもなく、平均的だと想ってます。

071

左右の波形の大きさが同じなので、増幅は良さそうです。

で、計測中に「ボン」と音がして、アンプが瞬停したので ちょっとびっくりして

すぐにコンセントブレーカーをOFF。

当初、球なしで通電したら、ボンと音がして何か光ったように見えたのですが、

一見悪い部分が見えなかったの続行してました。

さすがに2回目なので、 怪しいそうな処を探ります。

,

073

この2コが、駄目でした。

072

ケミコン同士の対向面が 凹してます。液漏れしていません。

電解液の匂いもしません。 ただ、凹しています。

「狭い間隔で配置するな!!]ってことですね。

  密接しているので、 「局所的にハイインピーダンスになって絶縁が負けた??」

写真のように凹しているので、外気に比べて内圧が下がったことが判ります。(真空度が上がりました)

ケミコンは、大気圧環境で封止しているので、製造初期のケミコン内部圧は、大気圧とイコールです。

ケミコンの極性まちがえると、電解液からガスが発生し内圧が高まり、破裂しますね。

劣化しても,ガスが発生し内圧が上がって膨らんで、最後は破裂します。

今日のは、破裂(劣化)の逆なわけで凹していて興味深いですね。

単体で配置するよりは並べて配置すると、活性化して内圧が下がったようです。

平行ビニール線に200Vや250Vの高圧を掛けて遊んだことありませんか?

机の上では、セーフなのに「鉄板の上に置くと、ビニールが燃え上がる」ので面白がって遊んでいました。ええ、高校生の頃でした。

074

数を3⇒2に減らして修復しました。↑

075

076

+Bのリップル具合を確認します。

 シリコンブリッジ整流なので60hzx2=120hzのあばれを確認します。

スケールが1msなので 1000hzで計測中です。

1000÷120≒8回のアバレらしいものを、見つけます。

ノイズが重畳していますが、リップルが2mVより低いことだけは判りました。

(スケール読みすると+Bのリップルは1mV前後です)

このように、CとRだけの平滑回路でリップルが1mV程度には収まります。

もっとも半導体のリップルフィルターにすると、経験上多々ノイジーになるし、

CR平滑回路よりも、リップルが高いので 

オイラはTR式リップルフィルターを使って懲りました。

真空管式ワイヤレスマイクと比べて、いとも簡単に低リップルになっているので

出力トランスの負荷効果は大きいと感じています。

077

片CHの波形のIN⇒OUTを見てました。

よさそうですね。音も普通です。

SP端での電圧ゲインは15dbでした。

OUTトランスによる降圧を考えると概ね40dB強は6AB8で稼いでいそうです。

規格表から推測すると最大46dBのようです。

周波数特性は、ラジオ用OUTトランスより良好です。

詳しくは書きませんので 特性は己で測定してください。

************************

PIONEERの真空管式チューナーをつないでみました。

AM放送を受信中。↓

078

一応聞えています。 同調具合がやや変なので、チューナーのCとRを点検する予定です。

079

FM帯の波形↑

FMらしいノイズで一安心。 少しだけFM局がきこえてましたが、音がやや変です。

チューナーのTX-40に、致命傷はないようです。

メンテして、元気に鳴るようにしますね。

このチューナー向けアンプとしては、 もう10~15dbゲインが必要です。

***********************************

9月1日 追記

電解液の成分に、窒素化合物が含まれているのがわかりました。

ケミコン3個を接近して配置したので、真中の1個が 特に活性化したようです。

車のバッテリーでは劣化するとガスが発生しますね。

今回は凹しているので、劣化とは全く逆の現象ですね。 

今回は活性化して窒素N2を電解液が取り込んで、内圧が下がったようです。

この電解液が、「コンデンサー内(封止状態)の窒素(大気中比率78%)を吸い上げて

内圧がさがった」と見るのが正しそうです。

TOP PAGE

ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その3

雨が降って、やや涼しいですね。

ガソリンはまだまだ上がるようで、 物価上昇を目指すアベノミクス政策と
見事に符丁があいますね。

「正社員の人数が減って、アルバイト要員が増えただけ」が過日公表された政府統計でもわかりますね。

今世紀の新植民地主義のもとで、「日本は 誰に尾っぽを振っていくのか?」が気になります。

**************************

ステレオアンプの続きです。

サイドパネルをつけました。

001




002

003

004

ラチェット式を使うこともなく、取り付きました。

SPから聞えるヒーターハム音は、前記のように1.5mVとごく普通です。

(電源トランスからの誘導が出力トランスに届いていますが、、。)

気にする方は球を選別して、低ヒーターハムの球を挿してみてください。

或は、6EH8に換えるとヒーターハムは下がります。

このキット、かなりお薦めですね。

IN 0.5Vくらいで フルパワーになるようです。

チューナー側が いまのところ、その0.5VもOUT-PUT出来ないです。
載っている球数からすれば、0.5Vは出そうなのですが、、、。

オリンジナルからの変更点は、平滑回路の段数だけです。
加えて、680μFを1コ使ってます。

あとは、「アースをどこの一点にするか?」ですが、

平滑回路、最下流のケミコン(680μF)に、グランド線を集めました。

****************************

以上、AMP-MINIの製作記事でした。

下の写真は、ヒーター電圧をシリコンブリッジで整流した波形です。

60hzx2=120Hzの波形になっています。

リップルで0.1vはありますね。⇒記事

024

ST管はお好きですか?


YouTube: はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

 
TOP PAGE

2013年9月 6日 (金)

ラジオ用アンプを造っています。6AC7,6SJ7,6V6

********************************

真空管チューナーからの出力を受けて、SPを鳴らすAMPを造っている最中です。

AMPと呼ぶよりも、ラジオのAF段だけをシャーシに載せたものです。

010




011

GT管を3球使いました。↑




022


VRを絞ってのSP端では、この位 VTVMを振らしてます。
概ね3mVくらいです。

右は低周波発振器からの60Hz信号です。 

左がこのアンプの波形。 オシロから60Hzのハム音なのがわかります。

ミニチュア管ほど、バーストしていないので、 聴感上もハム音が尖がっていません。

「ハム音が尖がる」って表現、わかりますでしょうか?

この位のヒーターリップルで、このspだと 

SPから20cm離れればハム音聞えなくなります。

 


021

VRの軸に、ツマミをネジ留する際には、「押し子」を使います。

「押し子」を知らない方が多いようですが、「軸を傷つけてカジル」のを防止するために

通常用いてます。

ツマミネジは、「ホーローのM3.5留」が多いので、

押し子は、M3用とM4用を用意しておけば大体OKです。

ネジ屋さんに行けば手に入ります。 旧JISのネジもまだネジ屋さんにあったりしますね。 

024

023

025

波形を入れてみました。 よさそうです。

あとは、チューナーからの信号電圧を確認して、バイアスを決めて行きます。

球は、6AC7、6SJ7, 6V6です。

TOP PAGE

 

2013年9月 7日 (土)

ラジオ用アンプ6AC7のバイアス。

ラジオ用アンプの続きです。

チューナーからのOUT-PUTレベルがわかったので、

初段(6AC7)のバイアスは↓にしました。

032

「AF部で、球のIpが1~2mAと小さい場合、音が細い」ことが経験上わかっていますので、

この6AC7はIpを3mAにしました。

以下、バイアスを列記。

初段  6AC7(メタル)  -1.8V

次段    6SJ7    -4.3V

終段    6V6      -6.5V   Ip=15mA

*********************************

6AC7     9000μモー

6SJ7    2500μモー

6V6     3700μモー

9月8日追記

次段、終段で歪むので もう少し深くする

TRIOのFMチューナーに通電してみた。TRIO FM-30 その2

GT管のラジオアンプが出来上がったので、
FMチューナー FM-30に通電してみました。
030

FM局を受信中。 無事受信できた。 AFCがやや甘いが、こういうものなのか?

ラジオアンプの初段が過入力で歪むので、 チューナーからのOUTを測ってみた。

  

031

VTVMの0.3Vレンジで0.2V以上振れるので、 カタログ値の1Vは本当のようだ。

で、ラジオアンプのバイアス点を決める情報は揃った。

先日、完成したAMP-MINIでこのFMチューナーを鳴らすと良い感じで聞えてくる。

音も普通だ。このチューナーは、調整せずにこのまま使っても良さそう。

前オーナーに感謝します。

TOP PAGE

2013年9月 8日 (日)

FMチューナー をちょっと 調整。 TRIO FM-30 その3

この続きです。

手元の届いたままで、問題なくFM局が聞けていた真空管式FMチューナーFM-30です。

SGから信号を入れて調整します。

040

上ケースは外して、 IF信号10.7MhzをANT端子に入れます。

042

IFTのコアを回して、感度ピークを波形を見ながら揃えます。↑

IFTの上と下での減衰具合も、確認します。
10.6Mhz と10.8Mhzでの 信号の落ち方が同じになることを
確認しつつ10.7Mhzであわせます。

終段のIFTが1/20回転ほど づれていただけで、とても優秀でした。



041

受信バンドは78Mhz~90.5Mhzです。

オイラの地域では、民放FMが79.7。 NHKが84.0なので
2局とも普通に聞えています。

メーターが生きていないので、ここがやや淋しいです。

下手にいじくり壊してないので、前のオーナーに感謝しています。

043

FM局を受信中です。 ↑普通に聞えています。

真空管式チューナーも 良いものですね。

*************************************

FMレシーバー AF-20

070_3

★1963年頃の真空管のFMチューナーキットメンテナンスです。

チューナーパック方式です。

054_2

ナショナルさんも真空管FMチューナーを出されていましたね。

 ナシュナルのFM チューナー  ES-901のメンテも始めました。

078

超再生って知っておられます?

超再生式FMチューナーキットも面白いですよ。⇒記事

117

TOP PAGE

2013年9月11日 (水)

松下 AM/FM 真空管ラジオ RE-760  これからメンテナンスです。その1

今日と明日は仕事の狭間。

今年の夏は、仕事漬だった。 夏の季節感を味わうこともなく長月になってしまった。

とても悲しいものがある。

******************************

松下さんの2バンド 真空管ラジオの中古を手に入れました。

FMとAMの2バンドです。

写真映りが良すぎてこまりますね。

020

電源を入れると、一応FMは鳴ります。

AMは700Khzから下までバリコンを回すと、バリバリ音がします。 ええ、そう言うことです。

切り替えswは、接点が甘くなってます。

で、裏蓋を開けて中をみたら、、、、、、。

写真には写せないほど、砂埃で、、、、

エアガンでは落せないほど汚れなので、 汚れ落しには加圧洗浄しかないです。

さて、どうしよう、、。

火花もでずに、 無事に鳴っていると 逆に感心してます。

メンテナンスが必要な状態のラジオです。

追記

7気圧でエアガンしたら、綺麗になりました。 1点基板が割れていた。

TOP PAGE

2013年9月12日 (木)

メンテナンス 松下(ナショナル) AM/FM 真空管ラジオ RE-760 その2

松下さんのAM./FM真空管チューナーの続きです。

エアブローして、少しは綺麗になりました。

035





036

ソケットが1つ付け替えられて、新しくなっていますね。↑

IFTの覆いの紙は、シールド紙の名残です。 アルミ箔が剥離してます。

037

う~ん、割れてますね。

裏面のパターンも半剥がれしているので、 もう少し上手くメンテしてほしかった、、、。

30A5のグリッド抵抗が、熱で色が変わってました。

038

100Ω抵抗もパラ附けしてありました。

ソケットが無いので、手配をした処です。

TOP PAGE

2013年9月15日 (日)

メンテナンス 松下(ナショナル) AM/FM 真空管ラジオ RE-760 その3

 雨ですね。

*****************************


基板用MTソケットを手にいれました。(左)

 

右はMTソケットを利用しようとしたのですが、脚が短くてパターン面まで届きませんでした。

050

部品も少し、換装しました。↓

051

AM帯の下側でバリバリと鳴っていた理由は、バリコンの回転子とステータが触ってました。

しかたないので、バリコンのギャップ調整をしました。

「灯りにかざして、スキマが均等になるように合わせる」だけのことです。

言葉にすると簡単ですが、傷つけないように注意しながら、隙間を作っていきます。

で、ギャップも良さそうなのでAMの確認です。↓

 

052

 FM帯の確認です。IFの信号を入れてみました。↓

 

053

IFTを合わせて終了です。 リップルで波形が揺てます。

トランスレスラジオなので、ハム音がそれなりにあります。ハム音は小さいので、ラジオ受信中はハム音わかりにくいです。

 感度調整してもよいのですが、メーカー製FMラジオなので、

自分で調整しても 時間を費やした割には、さほどは感度UPしないことが多く、 徒労におわることが多いです。

耳も悪いわけでないので、今回は触りません。

054

FM帯は よく聞えます。AM帯もバーアンテナなのでよく聞えます。

AMは、変換⇒IF⇒AF⇒AFの構成です。

良く聞えるので、前のオーナー??が、もう少し上手く直してあげてほしかったですね。

TOP PAGE

 

2013年9月16日 (月)

メンテナンス 松下(ナショナル) AM/FM 真空管ラジオ RE-760 その4

昨日の続きです。

汚れて茶色に色変わりしていたパネルを綺麗にしました。↓ 

もともと黒なのでシックな感じですね。

060

電源コードも硬くなっていたので換装です。sp系の配線も劣化していたので交換です。↓

062

 パターン剥げも修復しました。↓061

ツマミも綺麗にします。↓

063

仕上がり具合もまあまあです。 ツマミも綺麗になりました。↓

064

065

***************************

手元に届いたときの姿です。↓

020

↑この状態より綺麗になりました。

中身も調整しましたので、バンバン鳴ってます。

あとは、晴れたらタッチペイントで木箱の色補修が残っています。

****************************

9月16日夜追記

30分鳴らしていたら、平滑回路の抵抗が熱を持っているのに、気ついた。

50℃の温泉より熱い。出力トランスも暖かい。

開けてみた。

30A5のカソード抵抗が47Ωだった。 

30A5はバイアス-4V~-6V位で使う球なので、これではカソード抵抗が小さい。

浅いバイアスなので、プレート電流がドカドカと流れて、平滑抵抗が熱くなるわけだ、、。

 

で、30A5のカソード抵抗を270Ωにした。これで-4~-5Vになる。

ビクター 5A-28のときは、220Ωでバイアス-4Vだった)

 

ついでに↓の不良も発見した。

 平滑回路の最終段のコンデンサーが辛うじて生きていた

066

コンデンサー2個 交換した。

150V 5μF⇒400V 33μFに換えた。

10V 30μF ⇒25V 33μFにした。

067

しばらく鳴らして、様子をみた。 

平滑回路の470Ωがやや暖かくなる。W数を上げた方が良い。

回路図がないので詳細はわからないが、30A5のカソード抵抗の値はおかしい。

抵抗を親亀・小亀にして対処した原因は、プレート電流の流しすぎだろうな。

 しばらく様子を見る。

 

 

追記

2時間鳴らしてみた。熱の件は、かなり改善されている。

壁掛けタイプなので、「背面からの空気流入」はあまり望めない。(空冷させにくい)

熱が篭る使い方になるので、平滑回路の耐w数は大きい方が好ましい。

 

****************************

松下 AM/FM 真空管ラジオ RE-760のメンテナンスでした。

メンテナンスしたラジオの一覧。

TOP PAGE

2013年9月21日 (土)

メンテナンス 松下 AM/FM 真空管ラジオ RE-860 磨いてます

不動品とのことで入手しました。3バンド ラジオ RE-860です。

MW,SW,FMの3バンドです。

磨いてます。

070

071

台所に置かれていたような油汚れが、固着してます。

埃も2cmほど積もっていた。

072

↑エスカッションの半分は、磨きました。

TOP PAGE

2013年9月22日 (日)

メンテナンス 松下 AM/FM 真空管ラジオ RE-860 磨きました。

ツマミ磨いて疲れました。

 

074_2 IFTに付いていた汚れも取りました。

ACコードを新品に換装しました。

075

真空管の脚が汚かったので、みがきました。

30A5のカソード抵抗が150Ωだったので、270Ωに換装。

怪しそうな抵抗もまとめて換装。

073

FM受信中↑。マジックアイも輝度OK.

AMも良好。 低域も出るしFMの耳も良いし、よい製品ですね。

ICを使ったFMラジオキットより、格段によく聞えます。

ハム音は少ないほうかな?。同じナショナルの「トランスレスFMラジオのRE-760」よりは、少ない。

ナショナルのトランスレスラジオは、TRIO製やシャープ製に比べるとブーン音が強いですね。(計測するとよく分ります)

あとは、IFTを合わせて終了。

このモデルも先日のRE-760も耳が良いので、松下さん、よいラジオ出してましたね。

このRE-860は、FMが聞える真空管ラジオの3台目になりました。

少し鳴らしてからIFTの調整予定。

**************************************

TOP PAGE

メンテナンス  FM/AMチューナー TX-40 パイオニア その1

今朝のRE-860は通電して鳴らし中。 頃合を見てIFT調整の予定。

*******************************

パイオニアさんの2バンド 真空管チューナー TX-40を磨きはじめた。

前回、音は出ることは確認した。AMの音がややおかしい感じがしたけど、、、。

綺麗ではないので磨いて、調整をしてみる。

080

油系の汚れがあるが、少しだけ綺麗になり始めた。

081

FMの調整中↑。

10.8Mhzで波形が一番綺麗なのですが、、、、、 10.7まで下げようとしていたら、

セラミックドライバーが折れた。

予備はないので、 これから手配。

082

ドライバーが届くまで、別なことをしようっと、、、。

TOP PAGE

2013年9月23日 (月)

メンテナンス 松下 AM/FM 真空管ラジオ RE-860  オシロ波形で確認

メンテナンス 松下 AM/FM 真空管ラジオ RE-860の続きです。

***********************************

昨日から10時間ほど鳴らしたので、 IFT調整を始めました。

まず、SP端での波形を見ます。VRは絞っておきます。↓

083

ボケてますが、0.01Mvレンジで計測したので、VTVM読みで9mV程度です。(所謂残留ノイズ)

過去のMWのトランスレスラジオが8~10mVくらいのリップル波形(ヒーター起因のバースト波形)でした。

このRE-860は、9mVの割には、聞えてくるハム音が少ないトランスレスラジオです。

放送を受信していないバンドノイズ時にも、ハム音が耳につかないですね。

(松下トランスレスラジオでは平均的なノイズ。オイラが手を加えた日立ラジオでは2mVと1/4ほどに下げた。)

MWの受信波形↓。IFTのズレはありませんでした。

084

FMの受信波形↓。IFTのズレはささいでした。

085

マジック・アイの消灯SWを附けました。

086

いまPIONEERのチューナーのメンテを進めていますが、

「PIONEERのチューナーTX-40より波形が綺麗」が感想です.

400

403

spラインの線材は40年以上経過しているのに、しっかりしてます。

あと20年近くもちそうなので、野暮なことはしません。

ラジオの終段30A5の動作点は、トランスレスラジオ全般で浅い。熱でソケットが変色していることがあまりにも多いので、Rkを270Ω程度にして軽めの作動にすること。あるいはsg抵抗を大きくして軽動作にする。(バイアス目標はー4~5V)

402

401

磨くのに疲れました。「油汚の黄色」から、本来の色に戻りました。

シャープの真空管FMラジオの音

FM /AM 真空管ラジオ FM-11  シャープ
YouTube: FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ

**************************************

メーカー製ラジオのメンテナンス一覧

TOP PAGE

2013年9月24日 (火)

2バンド  ラジオ キットのソケット数5をプラス1した。

FM/AM真空管ラジオの修理も2台 終了したので、

未着手だった2バンドラジオ キットを造りはじめました。

TX-40の波形が綺麗でないのは、落ち着いて考えてみます。

**********************************

もととものMTソケット数が5個でしたが、プラス1して6本 真空管が並ぶようにしました。

090

セミリモート管は6BA6,6BD6,6BJ6,6BZ6,6JH6と使ってきたので、何にしよう、、。

トランスの容量がないので、トランスは換装予定。

091

 TOP PAGE

2013年9月28日 (土)

メンテナンス  FM/AMチューナー TX-40 パイオニア その2

仕事がら様々な方とお会いするが、

「口からでる言葉(用語)は立派だけど、実作業は初心者」って大人が多い。

とりわけ40代~50代の方が目立つが、 景気のよい頃に就職できた世代なのだろうか?

機械図面が読めなくても、「読めたフリしてりゃ、社員はギャラを貰えるから、いいなあ」と

オイラはしみじみと感じた日だった。

もの造りの日本ってのは、 過去のお話だよね。

中高の算数、物理が理解できなくても、「機械設計屋です」ってのが多いから用心されたし.

 

*************************

この続きです

チューナーの調整をしてみた。前回の通電時間が短くて、音がいまひとつだったので、2時間鳴らしてからIFT調整。

で、FM民放を受信中↓。

101

普通に聞えてきた。

100bmp

AMを調整↑。IFT455Khzを入れてみた。 普通に綺麗。

IFTのズレもない。

 

 

 

 

 

102

ダイヤル指針がズレていたので、修正。

 セレクトSWの接点が今ひとつなので、D5を塗布。

 煙の出た部品もなく、FM/AMも鳴っている。 ジャンク品とのことだったが、無問題だった。

FMの耳も良い。 AMはダイオード検波なので、 倍電圧検波に改造もできる。

このチューナーには活躍してもらう予定。

**************************************

2013年9月29日 追記

ケースを取り付けた。

103

104

メーターも生きている。

部品交換もせずに鳴った「ジャンク品」だった。

*************************

我が家では、朝は 6球ラジオキットでAMを聞き、

夕方は、RE-860 でFMを聴く。 

日曜日には、半田コテもちながら BC帯をこれで聞いている。

 

*************************

以上、メンテナンス記事でした。

 TOP PAGE

カテゴリ